東北銀行カードローン「イーノス」の金利はいくら?

東北銀行カードローンの金利は安いのか?

東北銀行カードローン画像

東北地方岩手県には地方銀行が岩手銀行と東北銀行の2行がありますが、その内東北銀行は東北地方6県の地方銀行の中では最も小さく、且つ、全地方銀行の中でも下から3番目の規模でしかありません。

 

なお、東北銀行は第二次大戦後にできた(1950年)業歴の浅い銀行です。東北銀行には「イーノス」というカードローンがあり、保証会社には東北ジェーシービーカードとSMBCコンシューマーファイナンスがなっています。

 

利用条件は20歳以上66歳未満の人で、東北銀行の営業エリア内に住んでいるか、勤務していることです。

 

安定収入が条件に入っていますが、パート・アルバイト、専業主婦、年金生活者でも借入ができます。貸出限度額は500万円、金利は4.8%・8.0%・11.0%・14.0%であり、審査によって適用金利が設定されますが、どの利用限度額においても都市銀行カードローン並みの金利になっています。

 

借入はATMを利用し、約定返済は毎月5日に東北銀行口座から約定返済額が引き落とされます。約定返済額は一般的な地方銀行カードローンと変わらず、借入残高50万円までは1万円、50万円超100万円以下が2万円で、以降借入残高が100万円増えるごとに約定返済額が1万円ずつアップしていきます。

 

なお、任意返済としてATMからの入金ができます。

 

申込はホームページ、電話、FAX、郵送、店頭窓口で行うことができ、仮審査に通過すると電話で連絡があります。

 

審査に通過したら、店頭窓口で契約手続きを行います。ホームページからの申込は24時間365日受け付けており、イーノスのトップページにあるボタンを押すと、「個人情報の取り扱いについて」の画面に移ります。同意のボタンを押すと「仮審査申込」のフォームが出るので、必要事項を入力します。

 

主な入力項目は借入希望金額の他、生年月日や住所、連絡先、家族などの「本人情報」、職業、勤務先名、勤務先住所、職種、年収などの「勤務先情報」、東北銀行や他の金融機関からの借入などの「借入状況」です。申込用フォームを送信すると審査が始まります。

 

ちなみに、気を付けなければならないのが、東北銀行には同じイーノスと言う名前のフリーローンがあり、申込用フォームが同じフォームを使っているため、間違う懸念があります。

 

なお、フリーローンのイーノスも利用条件、貸出限度額、金利などはカードローンのイーノスと全く変わりがありません。異なる点はただ一つ返済方法にあり、最長返済期間を10年とする元利均等返済(ボーナス併用払いも可)になっていることです。また、当然カードローンと違って追加の借入はできません。

 

ちなみに、東北銀行カードローンは総量規制対象外になりますので、総量規制オーバーだったとしても審査次第で借りれる可能性はあります。