人生のすべてはお金なのか?

さぼりたい娘

先日小学校の就学時前検診で、娘はクラスで10人お手伝い係りに立候補したので、みんなは12時半下校だったけど、3時半ぐらいに帰ってきました。
もともと、今日は習い事の英語の日で、もしかしたら就学時前検診お手伝いしたら、間に合わないかもしれない。
でも、私はお手伝いしたいって言ったから、やればいいって返事したんだけど、実際帰ってきたのが3時半すぎで余裕で英語に行ける時間。

 

わたしは連れてくつもりだったんだけど、今日は立ちっぱなしで疲れたから英語休みたいって。
…は?間に合わない時は仕方ないとは思ったけど、間に合ったなら行くでしょ!普通。

 

しかも、授業は午前中で終わってて、むしろ運動会の練習の時の方が毎日疲れてたはずなのに、なんで今日英語行く気モードゼロなのか…
でもすぐにその秘密がわかりました。
家電が鳴り、娘が出るとどうやら友達のよう。
「ママ〜!今日遊べる?」って私に聞いてきた。
この子は私にケンカ売っとるのかと…
就学時前検診で、疲れたから英語休みたいって言ってたのに友達と遊ぼうとしてるなんて。
多分、今日は朝から英語サボる つもりで、友達にも、学校で今日は就学時前検診で英語行けないから遊べるって言ったんだろうな。

 

人間さぼりたい気持ちはよくわかる。
毎日毎日生活していれば気分がのらずさぼりたくなく気持ちもよくわかる。
でもそんなに甘くないから。
ただでさえ金銭的に余裕がない我が家。
いつもオリックス銀行のカードローンでキャッシングしないといけないぐらい苦しい家計。
でもそんな中中学になった時に少しでも得意科目になればと、英語を習わせてるから、もう少しやる気になってくれないと、悲しくなる。
息子は、今成績が普通より下でも英語だけがずば抜けていいから、それが、彼の自信にはなってるから、習わせてよかったなって、息子もすごく感謝してるって言ってくれた。
習わせてよかったなって、がんばってよかったなって思うけど、娘は、どちらかというと英語は苦手みたいで、多分好きじゃない(笑)

 

だからきっと心の中ではやめたいばっか。
でも、息子同様、中学入るまで、必要最低限の基礎の英語だけでも理解できてると、中学行ってからの楽さが違うから、そこが今わからなくても、息子が感謝してくれたように、中学入った時にでもやっててよかったと娘が思ってくれれば、とりあえず嬉しいかな。

 

そんなこんなで今日は、半強制的に車に連れ込み、英語に送り届けました。
多分、行ってしまえば授業の一時間なんてあっというまだとは思うんだけど、英語までの道中が20分強かかるから、その間行きたくないモードなんだろうね(笑)
確かに私も小さい頃習い事はよく仮病使って休んでた。
お金がかかっていることなんか気にせずに。
今思うと、なんて親不孝なんだって、親になって本当に親のありがたみがわかるんだな…

 

日々親に感謝です。