人生のすべてはお金なのか? 税金

税金大国日本

 

なんだか堅苦しい題名になってしまった。
難しい話ではなくとっても身近な話。
それはこの日本税金大国であるということ。

 

この5月6月とかって何かと税金徴収がやってくる。
最近払ったのって何だろう。
思い出さなくてはいけないぐらい税金だらけ。

 

今思いついいたのは自動車税。
自動車税も軽自動車なら低い金額だからいいけれど少しでも排気量とか上がるとものすごく高い。

 

あとは市・県民税ってやつ。
これは住んでいる県や市によってかわってくるみたいだけど・・・
一般的にはその市に工場や空港など大きいところが法人税を沢山おさめていてくれるところは少ないらしいよ。
でも逆に住宅しかないようなベッドタウン的なところは税金が高いって聞いたことがある。

 

税金の話って難しくてよくわからない!!!

 

とりあえずわたしの市は工場少ないところだから市民税が高い。
市が財政難ってやつだね。
でも市民から税金とっておいて何に使っているかよくわからないことに使われていると本当に腹が立つ。
役所の人間は私たちの税金で暮らしているんだからそれなりの仕事しろよって感じ。
公務員だからなんだか無愛想でもいいみたいな感じでいるのが猛烈腹立つ。

 

 

なんだか愚痴になってしまった。

 

国も一緒。
税金納めないとすごくうるさかったりいろいろ対処するのに、かたや勝手にわけわからぬことや、横領とかもあったりしてしまいには税金無駄遣い
ほんとに税金納める身になってほしい。
しかも今は消費税もあるからある意味生まれた赤ちゃんからも老人からも税金を取る。
何か結局おかねかよ〜って思ってしまう。
自分が小さいころは消費税なんてなかったのに・・・

 

税金を納めなくてはいけないのは仕方ないとしてもわけのわからないことに使われる税金は本当に腹が立つ。
官僚たちも私達の税金で暮らしているのに私たちにはいいことがない。
無さすぎる。

 

頑張って働いたお金も結局税金税金といってなくなってしまう。
どんな世の中なんだ。
一所懸命働いている私たち庶民の気持ちを知ってほしいぐらい。
一生懸命働いていてもキャッシングするためにオリックス銀行カードローン審査を受けなくてはいけないんだ。

 

やっぱり何をするにも お金なんだな〜